はじめに

前回は、東京のM医大から地方のN病院に派遣され、単身赴任で頑張ってはいたものの激務に燃え尽きてしまった産科医、津田先生について前編で紹介しました。

以前紹介した、「医師免許さえあれば誰でもできる仕事をアルバイト的に請け負う」フリーター医師とは異なり、ドラマ「ドクターX」のように「専門医のライセンスと叩き上げのスキル」で生きるというフリーランス産婦人科医に転身した後の津田先生の人生を覗いてみましょう。

※本稿は特定の個人ではなく、筆者の周囲の医師への聞き取りをもとにしたモデルケースです。


津田純也先生(仮名):54才、フリーランス産科医(前妻の元に息子二人)

【平均的な月収】
外来・手術応援 平日5~12万円×4~8回
当直手当金 平日10~15万×10~20回、
                休日20~30万円×月5~8回
月収トータル(税引き前)    300~600万円(休日1~8日)
,
【支出】
・住居費・光熱費・通信費:3~5万(マンション共益費など)
・食費:10~20万円
・移動費: 病院支給
・書籍・学会費:10~20万円
・養育費仕送り:30~50万円

【資産】
不動産:千葉県内に中古マンション、両親にシニア向け分譲マンション、千葉県に貸し駐車場用の土地
車:レクサス LX570
預貯金・株など:約5000万円

激務、そして仲間の過労死

2004年からの新研修医制度、2006年の産科医逮捕によって、産婦人科を志願する若手医師は大きく減りました。北関東のN病院では、74才のベテラン産科医に週一回の当直アルバイトを依頼していましたが、ある冬の朝……当直室で亡くなっているところを発見されました。

仲間の死を悼む暇もなく、管理監督者として病院やら県庁衛生局やら労基署やら多方面から津田先生は取り調べを受けて、思わず「引責辞任します」と答えた津田先生でしたが、院長はホッとした様子でした。まもなく、津田先生はM病院を去りました。