2019年も残すところ、1週間足らずとなりました。今年の株式市場は「日経平均2万円割れ」という波乱の展開で幕開けし、米中貿易戦争の激化で株価が乱高下した1年でした。しかし秋以降は持ち直し、足元では2018年9月につけた最高値2万4,448円を再び狙う展開となっています。

終わってみれば、日経平均株価は始値1万9,965円より2割ほど高い水準で引けそうな2019年。このような相場で、最もSNSを沸かせた銘柄は何だったのでしょうか。


優待銘柄やテーマ株が人気化

今回コメントを集計したSNSは、スマートプラスの株取引アプリ「STREAM」です。同社のコミュニティは証券口座を開設した本人確認済みの顧客しかコメントできません。そのため、荒らしや違法な煽りコメントがほとんど存在せず、他のSNSと比較して投稿の信頼性が高いことから集計対象としました。

まずは、2019年に最もコメントされた銘柄ランキングの15位から6位までを振り返ります。

6~15位

ランキングでは、オリエンタルランドやイオンといった「株主優待に特色がある企業」が根強い人気を誇っています。

【オリエンタルランドについて】
私の取得単価が1683円現在の株価が16750円近辺 もうすぐテンバガーです。東日本大震災直後に買いました。8年間保有です。やはり長期投資は素晴らしい!(ヒデゾーさん 86いいね)

「ドラクエウォーク」相場で大きく株価を上昇させたコロプラや、スマホゲーム「マリオカートツアー」で注目を集めた任天堂といったゲーム株もランクインしています。STREAMでは、身近なゲーム株で投資デビューを果たしたという趣旨の書き込みもみられました。

【コロプラについて】
とりあえず買って売るという流れをやってみた!晩飯代にはなりましたという訳で初銘柄はコロプラでした⤴️これから本格的に楽しみますねー(キュウさん 25いいね)

それでは、残りのトップ5を詳しくみていきましょう。

“今年の顔”が並ぶ上位陣

トップ5となった銘柄は、いずれも”今年の顔”と言っても過言ではない銘柄が並びました。

第5位:サンバイオ(740件)

サンバイオといえば、成功がほぼ確実視されていた新薬「SB623」の治験失敗で株価が大幅に下落したことで有名となってしまった銘柄です。治験成功期待で膨らんだ株価は1万1,710円の最高値で引けた1月28日に治験失敗が判明し、2月5日まで4連続のストップ安となりました。翌6日に2,440円で寄り付くという、壮絶な株価下落となりました。

SNSや匿名掲示板では、損失を抱えた個人投資家に追い打ちをかけるような投稿が一部目立ちましたが、STREAMではそのような風潮に疑問を投げかける投稿がみられました。12月13日に大日本住友製薬との「SB623」共同開発中止が発表されたことも、投稿数増加の要因となっています。

【代表的なコメント】
ここの掲示板は違いますが他のサイトではサンバイオ・ホルダーやサンバイオ自体に対する蔑みの声が結構あって目にする度に鬱々とした気分になります。もう充分衝撃を受けているのですからこれ以上の追い討ちをかけてどうしたいのでしょう。その力はむしろ強者に対して向けられるべきです。 (一部抜粋 誠さん 15いいね)

第4位:Zホールディングス(755件)

11月19日にLINEとの経営統合を発表したZホールディングスが、短期間でのランクインとなりました。

【代表的なコメント】
なぜZかというと、Y(ヤフー)からZへ一歩進むから??。Zホールディングスはその名からも分かるように持ち株会社。その下に事業会社として新たに設立される新ヤフーや、金融系企業がぶら下がるらしいです。ヤフーの変化はそれだけではない。グループ内の位置づけも変わろうとしているとのこと。(一部抜粋 medicuseさん 26いいね)