生活

コンビニバイトを28年 「地道な副業」で築いた1000万円超の余裕資金

週1回の副業が老後の支えに

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

昨年取沙汰された「定年後2,000万円足りない問題」は、このまま黙っていても我が身に降りかかってくることでしょう。となると「節約」ということを考えるようになるかもしれませんが、私は「副業」もお勧めします。もちろん無理のない範囲で、ということになりますが、ここでは副業をこの24年間毎週続けているという知り合いについて紹介します。


学生時代のバイトを継続

彼は毎週土曜日を副業の日としており、家族旅行がある時などは休むようにしているそうです。お子さんも2人いる家庭を大切にしつつ、給料以外にも生活費を補填してくれる収入がある人生は「これ、案外いいよ」とのことです。

現在46歳の彼は現在大手自動車部品メーカーに勤めています。工場の生産管理の仕事をしているため、土日は完全に休みとなるそうです。学生時代は実家近くのコンビニで連日のようにバイトをしていました。彼はオーナーから相当好かれ、「あのさ、相談なんだけど、社会人になってからも土曜日だけバイトに出てもらえないかな……」と卒業を直前に相談されました。

性格のいい彼はそのオーナーとも気が合いましたし、他のバイトやパート主婦とも良好な関係を続けていたため、「いいっすよ」とそのままバイトは継続。会社はそのことを問題視していないようです。「一応収入だけは報告してね。あとはなんとかするから」と言われています。以後、実家近くにアパートを借りながら平日は会社に通勤し、土曜日はコンビニで8時間バイトをし、「ベテランだから」ということで日当は1万円をもらっているそうです。

先日彼と会った時に「まだアレやってるの?」と聞いたら「まだやってるんだよ(苦笑)。もう学生時代から合わせたら28年もやっているよ」と言っていました。キチンと会社から給料もボーナスももらっている彼としては、コンビニバイトで得られる給料は家族サービスに使うもよし、後輩におごるも良し、家族旅行に積み立てるもよし、といった「余裕資金」として心の安寧をもたらしてくれるそうです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ