生活

マスクを探して25キロ、実際にどこで売られていたのか

パニック・バイに陥らないためのコツは?

マスクがどこにも見当たらない――。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、大手メディアを中心に、こうした報道が連日繰り広げられています。

フリマアプリでは通常の何倍もの高額でマスクを転売されるなど、パニック・バイの様相も呈し始めている現状。はたして、マスクはどこにも売られていないのでしょうか。

「MONEY PLUS」では、東京都内を(1)都心の住宅街、(2)都心の繁華街、(3)郊外の住宅地という3つのエリアに分類。4時間をかけて、約25キロメートルを移動し、実際の販売状況を調べてみました。


ビジネス街のチェーン店は品切れ

取材をスタートしたのは、2月7日の午後3時30分。ネット上には「商品が入荷した直後の午前中が狙い目」との情報もあり、もう品切れになっているのではないかという不安を抱きつつ、オフィスを出発しました。

最初の取材エリアに選んだのは、JR田町駅から東京メトロ南北線の白金高輪駅にかけてのルート。田町駅前はオフィス街ですが、慶應義塾大学に近づくと、徐々に学生街から住宅街へと移り変わっていきます。近隣で働くサラリーマンや学生向けに需要も相応にあるとみられ、大通り沿いを中心に大手ドラッグストアチェーンの店舗が点在しています。

駅前から大学に向かう商店街にあるドラッグストアでは、店頭に赤いインクで「マスク売り切れ」と書かれた黄色い貼り紙が貼り出されていました。他のドラッグストアをのぞいてみても、マスクが置かれていたであろう棚はスッカラカン。代わりに「入荷予定は未定です」というシールが貼られていました。

マスク売り切れ
店頭には「マスク売り切れ」の張り紙が…

国道1号線を白金高輪方面に向かって歩くと、ホームセンターが見えてきました。こちらにも入ってみましたが、売り場の2階に向かう階段の途中に「申し訳ございません。各種マスクは品切れです」との張り紙が……。

マスク発見だが、1枚100円超

やはり、都心部は厳しいか。そんな思いを抱きながら、さらに白金高輪方面に歩を進めると、マツモトキヨシ白金高輪店にたどり着きました。期待薄で店内に入ると、入り口のすぐ脇のコーナーにマスクが売られているではありませんか。

売られていたのは、3枚入りで500円(税込み、以下同)以上という高性能マスクが2~3種類。ただし、残っていたのは小さめサイズがほとんど。「お一人様1点限り」という制限もありました。

かろうじて残っていた普通サイズを購入。それまで付けていたお徳用の箱入りマスクから高性能マスクに付け替えると、かなり厚手です。時節柄、お徳用に比べるとかなりの安心感がありました。

ただ、1枚当たりの価格は100円を超えます。しかも、購入できるのは3枚入りを1点のみ。急場をしのぐには良いですが、新型肺炎が終息するまでこの価格帯のマスクを買い続けるのは、あまり現実的ではないかもしれません。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ