読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、老後を見据えて老人ホームの入居費用を準備したいという44歳の独身女性。2年前に購入した持ち家を売却して、入居費用の足しにしたいといいますが、はたして正しい選択なのでしょうか。マネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFP秋山芳生氏がお答えします。

44歳、独身です。現在住んでいるマンションは持ち家で、今年築12年目。私は2018年から居住しています。ですが、56歳になったら現在と同程度の賃貸マンションへの住み替えを検討しています。老人ホームに入るまでは賃貸に居住する予定です。賃貸に住み替えする理由は、老人ホームの入居費用の足しになる資産を作りたいからです。

この計画はプロの目から見てどう思われますか。また、家計についてもアドバイスがあればご教示いただけるとありがたいです。

<相談者プロフィール>
・女性、44歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(マンション)
・毎月の手取り金額:23.5万円
・年間の手取りボーナス額:95万円
・毎月の世帯の支出目安:19万円

【支出の内訳】
・住居費:7.6万円(管理費込)
・食費:3.5万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:なし
・保険料:0.4万円
・通信費:0.5万円
・車両費:なし
・お小遣い:5万円
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:4.5万円
・年間ボーナスからの貯蓄額:65万円
・現在の貯蓄総額:1000万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:1300万円(住宅ローン:物件購入額2100万円、借入額1500万円、金利1.2%・10年固定、返済期間25年)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ