キャリア

新型コロナウィルスは投資にどう影響?投資家は何を考えて動くのか

投資に必要な想像力を得る方法

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

最近はテレビをつけると、連日新型コロナウィルスのニュースが流れています。街を歩いていてもマスクをしている人ばかりですし、ドラッグストアやスーパーに行っても依然としてマスクが品薄の状況が続いています。

当初は中国国内だけの話でしたが、既に世界中で感染者が発見され、中国国外でも死亡者が報告されており、日本人の死亡者まで報告されてしまいました。一日でも早く状況が改善することを祈るばかりですが、今回はこのような大きなニュースが流れた時に投資家が何を考えるのかについて解説します。


新型コロナウィルスの影響を想像する

新型コロナウィルスのニュースが初めて報じられて以降、日を追うごとにその深刻さが増しています。誰もが感染するリスクはあるので、まずは予防などが優先されますが、投資家としては新型コロナウィルスの件が経済やマーケットに与えるであろう影響について、さまざまな想像を巡らせなくてはいけません。

まず、日本にはどのような影響があるでしょうか。すぐに想像できるのは観光業へのダメージです。日本政府観光局(JNTO)のデータによれば、2019年に日本へ来た中国人観光客の数は前年比14.5%増の959万4,300人です。これは訪日外国人観光客全体の30%にあたる数字です。日本の観光業にとって中国人観光客がどれだけ重要であるかがわかります。

また、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」によれば、中国人観光客の1人あたり旅行支出額は22万4,870円となっています。俗に言う「爆買い」によって叩きだされる圧倒的な数字です。こう考えると、日本経済にとっては中国人観光客の存在は観光業だけでなく、小売業にとっても重要な存在といえますね。

しかし、新型コロナウィルスの感染拡大を食い止めるために、中国政府が海外への団体旅行を禁止し、今年の冬の休暇シーズン(春節)は日本の観光業や小売業に強烈な逆風が吹きました。日本旅行業協会(JATA)によれば、中国人の日本への旅行キャンセルは3月までに40万人超にのぼる可能性としています。キャンセルになった中国人観光客の数を40万人、1人が滞在中に使う金額を20万円とすると、中国人観光客が滞在期間中に消費する金額は単純計算で800億円。本来、日本で使われるはずだったそれだけの消費額が消えたことになりますから、その影響は言うまでもありません。

<写真:ロイター/アフロ>

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ