大手の求人誌や求人サイトを見て、何か良いものはないかな?と、自分に合った仕事を探す人も多いことでしょう。ところが、求人募集に応募した結果、ずるずるとお金をむしり取られて、無間地獄のような状態に陥ってしまうこともあるのです。私たちのすぐ近くに潜んでいる騙しの罠についてお話します。


仕事の内容は「時計の買い付け」

ある女性は、本業の傍らにできる良い副業がないかを探していました。すると、誰もが知る大手の求人サイトにて、海外で商品を買い付けるバイヤーの仕事を目にしました。しかも、渡航費や宿泊費も出してもらえるとあり、興味を持って求人に応募して、都内のお店の一室で面接を受けました。

店長と40代男性が対応しました。仕事の内容を尋ねると、「海外に行ってもらい、ご自身のクレジットカードで時計を購入して、日本に持ってきてもらいます。その時計の代金の6%~7%を報酬としてお渡しします」と言います。もちろん、商品の代金もカードの支払日の1週間前に報酬とともに、会社から支払われるというものでした。

なぜ、バイヤーを募集しているのでしょうか? それについて店長は「会社名義のクレジットカードでは5,000万円くらいしか買えないので、それだと仕入れが追いつかないのです」と説明します。面接は合格となり、数か月後、シンガポール行きの航空券を会社からもらい、現地に向かうことになります。そこでは、会社の指示により4~5人がグループとなってお店を回り、彼女は300万円のロレックスを購入しました。そして、日本に戻り、会社の社員に時計を渡します。それからも、何度か海外に向かい、時計の買付けをしました。

それからしばらくして、驚くべき事態が起きました。同じようにバイヤーとして海外に行っていた人たちが、密輸容疑で東京税関に捕まり、時計を没収されてしまったのです。

突然の逮捕のワケ

なぜ、捕まったのでしょうか。実は、この仕事には、あるカラクリがあったのです。本来ならば、海外の時計を購入した時には、帰国の際、税関に申告して、当時の消費税8%を納めなければなりません。しかしながら、会社は日本に入国するときには、腕に時計をはめさせるなどの手段を使って、消費税分を払わせずに国内に持ち込ませていたのです。その行為が空港でバレてしまったのです。つまり、求人で募集していたのは、密輸の手伝いだったのです。

この業者は、バイヤーらが仕事を断れないように、巧みにことを運んでいました。海外への出発前に「税の申告をしないように」と指示をするわけですが、もしここで不正な手段を使うことに気づいても、すでに航空券を手にしており、仕事をする約束を会社にしているゆえに、断れない状況に追い込まれています。それに履歴書などの個人情報も相手に渡してしまっているので、「違法行為ではないか!」と、航空券を突き返して、断りを入れることができる人は少ないのではないでしょうか。実は、相手の身元を抑えて、なし崩し的に犯罪に手を染めさせる。これは、騙す側の常とう手段なのです。

この業者が悪質なのは、バイヤーをしていた人の話によると、さもその時計を免税店などで、訪日した外国人に売ったように見せかけていたそうです。そして仕入れの時に発生した消費税分の還付請求を国に申告して、不正に金を受け取ろうとした疑いもあるということでした。これが事実だとすると、すでにおわかりのように、国内に持ち込む時には、消費税は払っていませんので、まるまる国から受け取るお金は、業者の儲けということになります。