読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、不妊治療で出費がかさんでいるという30代の夫婦。そんな中、住宅購入と老後資金をどのように考えていけばいいのでしょうか。FPの坂本綾子氏がお答えします。

住宅購入を考えはじめ、家計を見直したいと思っています。しかし、現在不妊治療をしているため、出費がかさんでいます。この先、子どもを授かれるかわからないものの、教育費は用意しておきたいと思っています。そんな中で、住宅ローンや、老後資金をどのように考えたらいいのか悩んでいます。アドバイスよろしくお願いします。

〈相談者プロフィール〉
・女性、34歳、既婚(夫:35歳、会社員)、子どもなし
・職業:看護師
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:55万円
・年間の手取りボーナス額:200万円
・毎月の世帯の支出目安:約40万円

【支出の内訳】
・住居費:7.8万円
・食費:6万円
・水道光熱費:2万円(夏は1.3万円)
・教育費:なし
・保険料:4万円(生命保険2万円、車両保険2万円)
・通信費:2万円
・車両費:1.5万円
・お小遣い:2人で5万円
・その他:10~12万円(不妊治療費含む)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円
・ボーナスからの貯蓄:100万円
・現在の貯蓄総額:1000万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ