はじめに

まず目指したいのは、手取り半年分以上

まず目指したいのは、手取り半年分です。仕事が続けられなくなったとしても、半年分あれば失業手当をもらえる時期になりますし、転職活動に焦るあまりブラック企業に入ってしまうということも防げます。

手取りが20万円なら、20万円×6=120万円です。

いかがでしょうか。手取り半年分の貯蓄はあるでしょうか。

まだだという方は、ぜひ今日から少しずつ貯めていきましょう。

とはいえ、いきなり100万円以上の大きな金額に気が遠くなるかもしれません。「やっぱり無理だ」と思ってしまわなくて、大丈夫。

毎月1万円でも、コンスタントに貯めていく仕組みをつくればひとまずOKです。

給与振込口座で、自動積立定期預金を設定して「毎月1万円」を、定期預金に振り替えてくれるサービスを利用してみましょう。勤務先に財形貯蓄があれば、すぐに申し込むのがおすすめ。

ひと手間をかければ、あとは何もしなくても自動的に貯まっていきます。月1万円の貯蓄ペースに慣れてきたら、プラス5000円、1万円と、無理のない範囲で増やしてみてください。

今は超低金利なので「銀行に預けても全然増えないから、意味がない」と思うかもしれません。だからこそ、金利の高い預け先を探すよりも、毎月の積立額を増やす方が得策なのです。無駄な出費があれば、それを削って、積立額にまわせるといいですね。

積み立てがお金は、誰かに奪い取られるわけではなく、いつか自分が自由に使えるお金。自分への未来への仕送りだと思って、続けていきましょう。