読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、4000万円のマイホーム購入を検討中の共働き夫婦。第2子、第3子を希望する中、住宅ローンの借入額が妥当なのか知りたいといいます。FPの秋山芳生氏がお答えします。

住宅購入を検討中です。住宅ローンの借入額は妥当でしょうか。また住宅ローンの返済を続けながら、教育費と老後資金を貯めていくことは可能でしょうか。

購入希望の住宅価格は、土地、建物、外構、諸費用すべて合わせて4000万円です。自己資金は550万円を予定していて、借入額3450万円、変動金利0.55%、返済期間35年でローンを組みたいと考えています。

結婚後に始めた夫婦の貯金はまだ250万円ほどしか貯まっていないため、何かあった時のための貯金として50万円を残し、私が結婚前に貯めた貯金800万円から350万円出すことになっています。夫の結婚前の貯金はほとんどありません。

現在、私は育休中です。9月からは時短で復帰予定、月収は約15万円程度になると考えています。今後第2子、可能であれば第3子の出産を希望しています。アドバイスよろしくお願いします。

<相談者プロフィール>
・女性、29歳、既婚(夫:33歳、会社員)
・子ども1人:1歳
・職業:会社員(9月に時短で復帰予定)
・居住形態:賃貸
・毎月の手取り金額:35万円
(夫:30万円、妻:5万円※復帰後は15万円の予定)
・年間の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:25万円

【支出の内訳】
・住居費:6万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1.5万円
・教育費:1万円
・保険料:1万円
・通信費:1.5万円
・車両費:1.5万円
・お小遣い:4万円
・その他:5.5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・年間ボーナスからの貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:250万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ