はじめに

年金の繰り下げ受給は要注意! 賢い受け取り方は?

老後の生活に備えるために年金の繰り下げを考える人が増えていると実感しています。最新のねんきん定期便に、繰り下げ受給について書かれている影響かもしれません。(以下参照)

1.年金の受給開始時期は、60歳から70歳まで選択できます
2.年金受給を遅らせた場合、年金額が増加します
(70歳を選択した場合、65歳と比較して最大42%増)

老後2,000万円問題もあり、資産形成に不安があるアラフィフ夫婦にとって年金繰り下げは有効な選択肢です。しかし、ねんきん定期便に載っていない加給年金や振替加算を考慮せずに安易に繰り下げをするのはオススメできません。

たとえば、夫が繰り下げをして年金の受け取りを待機している間に妻が65歳になってしまうと、加給年金をもらうことはできません。加給年金や振替加算は受け取りつつ、年金の繰り下げをするにはどうしたらいいのでしょうか?

<加給年金をもらうには夫の老齢基礎年金を繰り下げる>
加給年金の受給は、夫が老齢厚生年金を受け取っていることが必須です。つまり、夫の老齢基礎年金であれば繰り下げしても影響はありません。

<振替加算をもらうには妻の老齢厚生年金を繰り下げる>
振替加算の受給は、妻が老齢基礎年金を受け取っていることが必須です。妻に老齢厚生年金があれば繰り下げしても影響はありません。

たとえば、夫より5歳年下で1965年生まれの妻がいるケースで、1年間の年金受取見込額を見てみましょう。

・夫の老齢基礎年金:78万1,692円(満額・令和2年度)
・夫の老齢厚生年金:108万5,304円(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43.9 万円で 40年間就業した場合)
・妻の老齢基礎年金:78万1,692円(満額・令和2年度)
・妻の老齢厚生年金:13万4,272円(平均標準報酬(賞与含む月額換算)20万円〜30万円で約7年半就業した場合)

夫の老齢基礎年金と妻の老齢厚生年金を5年繰り下げすると、夫の老齢基礎年金は32万8,310円、妻の老齢厚生年金は5万6,394円の増額となります。

70歳から95歳までの増額は累計で961万7,600円です。これに加給年金と振替加算を加えます。加給年金は5年間で195万500円、振替加算は65歳から95歳までで45万1,260円となり合計240万1,760円です。

全部取りこぼしなく受け取ると1,201万9,360円です。あくまでも95歳まで受け取ることができればという仮定の話であり、どうするのが正解なのかは状況次第となります。

大事なことは、これら制度を大まかに理解した上で我が家のキャッシュフローではどう受け取るのがベストなのかを考えておくことです。50代になったら夫婦で今後のライフプランを含めて話し合い、意見を共有しておくことをオススメします。