はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、いままで家計に無頓着だったという、共働き別財布の39歳主婦。妻の退職を機に、将来を見据えた家計管理をしたいといいますが……。FPの飯田道子氏がお答えします。

家計に関してまったくプランを立てていません。今は2人で好きなように使っていますが、子どもを望んでいますし、いずれ家も購入したいです。将来を見据えて、どのように家計と向き合えばよいのかわかりません。

いまは夫婦別財布にしており、共有財布に月10万円を出し合う以外はお互いの支出を把握していません。その10万円は食費や、一緒に出掛ける時の支出に充てています。厳密に1ヵ月分というわけではなく、なくなればまた足します。ですが、大体1ヵ月でなくなることが多いです。旅行にもよく行きます。その際は記載した支出に含まれない大小の出費があります。その年によりますが、年間で50~60万円ほどになると思います。

現在は共働きですが、妻の私が来月仕事を辞めて無収入になるため、今後は夫の収入のみで生活する予定です。夫はお金に無頓着ですが、無駄遣いはしません。特別な出費がない月は、35万円くらいは口座に残しているのではないかと思います。私は洋服が好きでよく購入するため、10万円ほど残せることもあれば、ほとんど残らないこともあります。

どうやって家計管理をしていくのがいいのかアドバイスをいただきたいです。ただ、夫の収入を私がすべて管理するという選択は難しいです。また夫婦どもに保険にまったく入っていません。健康保険のみでいいという考えですが、考え直した方がよいでしょうか。どうぞよろしくお願いします。

<相談者プロフィール>
・女性、39歳、既婚(夫:38歳、会社員)
・子ども:なし
・職業:会社員(来月から専業主婦)
・居住形態:賃貸
・毎月の手取り金額:92万円
(夫:65万円、妻:27万円)
・年間の手取りボーナス額:80万円(妻のみ、夫は不明)
・毎月の世帯の支出目安:50万円ほど(きちんと把握していない)
※旅行などのイレギュラーな支出は含まず。

【支出の内訳】
・住居費:17万円
・食費:6万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:なし
・保険料:なし
・通信費:1.5万円
・車両費:1万円
・お小遣い:20万円
・その他:4万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:30~45万円
・年間ボーナスからの貯蓄額:80万円
・現在の貯蓄総額:4000万円ほど
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

飯田: 家計についてまったくプランを立てずに生活されてきた相談者さま。今までは、夫婦別財布での生活であり、お互いの支出状況を理解していなかったとのこと。退職するのを機に、どのように家計を管理していくべきかお悩みのご様子です。

いったいどのような点に注意して家計を管理していくべきなのでしょうか。

まずはお金の流れを把握することから

まずは、貯蓄をしっかりとされていて素晴らしいと思います。貯蓄額4000万円は、立派ですね。ただ、世帯年収からすると、もう少し貯蓄ができた可能性もあります。相談者様がおっしゃる通り、これからご主人の収入のみとなれば、何にどれくらい使っているのか、お金の流れを把握することが大切です。

具体的な方法としては、家計簿をつけることをお勧めします。家計簿をつけるのが面倒なら、専用のノートに買い物のレシートを貼り付けて、食費、衛生費、雑費などを蛍光ペンで色分けして、ざっくりで良いので1カ月間に何にどれくらい使ったのかを把握してみましょう。

これを1年繰り返していけば、いつ、どれくらいのお金が必要になるのかが分かりますし、支出を見返すことで、無駄遣いしているかどうかも確認できますよ。

また、可能であれば、ご主人のボーナス額も把握できるといいですね。