はじめに

貸与型奨学金はどんな内容?

貸与型は、貸与が終わったら返済する借りるタイプの奨学金で、JASSOでは、利子がない第一種と利子のある第二種があります。世帯の収入に対する要件が返済の必要がない給付型ほど厳しくなく、利子のある第2種はより緩やかです。

表2:貸与型奨学金(国公立大学の場合)

※2020年4月からの高等教育の修学支援制度の給付奨学金と併せて第一種奨学金の貸与を受ける場合、貸与月額の上限額が制限される
資料:独立行政法人日本学生支援機構「奨学金の制度(貸与型)」をもとに執筆者作成

借りたからには、卒業後には返済の必要があります。仮に月額30,000円で無利子の第一種で貸与型奨学金を4年間利用した場合、144万円の返済義務を学生本人が負うことになります。

JASSO以外にも大学独自の奨学金制度などもあります。積極的に情報を集め、給付型奨学金を検討してから、貸与型奨学金は卒業後の返済についても考えて利用しましょう。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた方へ教育費以外の支援策

新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難になった場合には、免除の制度が適用できる場合があるとしています。他にも、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた方への支援策として、たとえば東京都では担保や延滞金なしで都税の1年間の納付猶予や国民健康保険料の減免など、自治体ごとの取り組みも行われています。

支援策を上手に活用し、資金繰りを工夫していきましょう。