はじめに

どこでも使えるキャッシュレス決済サービスがおすすめ

マイナポイントを受け取るサービスは、基本的には主だった電子マネー・スマホ決済サービスがおすすめです。

どこでも利用できるサービスのほうがポイントをまとめて貯めやすく、使いやすいからです。また、各社の大型キャンペーンに合わせて使うことで、お得度が増すでしょう。

その観点でいうと、電子マネーなら「モバイルSuica」でしょう。JR東日本の電車を利用するたびに2%のポイントがもらえますし、グリーン券や定期券の購入でもたくさんポイントが貯められます。

郊外エリアならば「WAON」もいいでしょう。毎月20日・30日の「お客様感謝デー」なら、電子マネーWAONの支払いで5%オフにできます。

スマホ決済なら、汎用性の高さでいうと「PayPay」でしょう。特にPayPayはすでに約194万ヵ所で使えます。PayPayだけ使えるという個人商店なども見かけます。キャンペーンも充実しています。

楽天経済圏をフル活用しているなら「楽天ペイ」、ドコモ経済圏をフル活用しているなら「d払い」もいいでしょう。二重取り・三重取りでポイントを貯めやすいうえ、キャンペーンで割引が行われることもあるからです。

また、メルカリを多用する方なら「メルペイ」もおすすめ。メルカリのような個人間取引には消費税がかからないので、5000ポイントをより有意義に使えるかもしれません。


なかなか普及が進んでいなかったマイナンバーカードですが、皮肉にも、新型コロナウイルスの影響で作る方が増えているそうです。

というのもマイナンバーカードを利用することで「特別定額給付金」の10万円の手続きができるから。それに続くような形となった今回のマイナポイントではありますが、5000円分お得になる制度には違いありません。

マイナンバーカードの申請から受け取りまでには通常1ヵ月程度の時間がかかりますので、ぜひ早めに手続きをすることをおすすめします。