はじめに

共稼ぎ世帯の妻の賢い保険の入り方

共稼ぎ世帯は、収入がゼロになってしまうわけではありませんから、専業主婦世帯よりも高額な保障は必要ありません。ですから保険を考える場合には、定期保険か収入保障保険で対応するという方法を検討するのもいいかもしれません。

保障期間は、子どもが成人するまでの期間を収入保障保険に加入する。または、配偶者は年金を受け取るまでの期間を定期保険に加入するという使い方をするのが賢いと思います。

たとえば、40歳の女性の場合、どのくらいの保険料なのかというと、次のようになります。

・収入保障保険の場合は、年金月額10万円、65歳満了で、月額約3000円で入れます。
・定期保険の場合は、死亡保険金1000万円、65歳満了で、月額約2500円で入れます。

これくらいの金額だとそれほど大きな負担にはならないのではと思います。夫とともに妻の保険も検討してみてはいかがでしょうか。