はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、妻の夢であるマイホーム購入を検討している34歳自営業の男性。買うならタイミングはいつ? 子どもももう一人欲しいなどなど、お悩みが錯綜しているようですが……。FPの飯田道子氏がお答えします。

妻の夢がマイホームを持つことのため購入できればと考えているのですが、以下の点において購入するかどうかで悩んでいます。また購入するにしても、時期をどうしたらいいのかアドバイスいただけないでしょうか。

・子どもをもう一人増やす意向がある
・来年オリンピックが開催されれば、そのあと住宅購入価格が下がるのではないかと考えている
・そもそも自営業のため収入が不安定で、会社員より住宅ローンが借りにくい

また、今は投資というよりも貯蓄型保険で貯めていますが、これからは投資にシフトしていけたらと考えています。

<ユーザープロフィール>
・男性、34歳、既婚(妻:35歳、会社員、育休中)
・子ども2人:3歳、1歳
・職業:自営業
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:48万円
(夫:40万円、妻:8万円※復帰後は月10万円になる予定)
・年間の世帯の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:38万円

【支出の内訳】 
・住居費:12万円
・食費:4万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:6万円
・保険料:7.6万円(うち貯蓄型保険7万円)
・通信費:1.5万円
・車両費:なし
・お小遣い:3万円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・ボーナスからの貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:定期360万円、貯蓄型保険150万円ほど
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

飯田: 奥さまの夢である、マイホーム購入を考えている相談者さま。購入するべきか、購入する場合には、いつが良いのかお悩み中です。その他にも子どものことや自営業であることなどもあり、購入に対しての悩みが加速しているご様子です。また、投資についても検討されており、悩みのタネは、多岐に渡っているようです。相談者さまの場合、どのようにするべきか、何をポイントに計画していくのかを考えてみたいと思います。

まずは、子どものことを考えてみて下さい

借り入れもなく、堅実に貯蓄を続けている、好ましい家計です。素晴らしいですね。奥さまの夢を叶えたいという気持ち、充分に伝わりました。

ただ、ここで考えて欲しいのが子どものことです。

奥さまの夢も大切ですが、その前に、もう1人子どもを授かるかどうかの方が優先すべきことです。ご存知の通り、子どもが1人増えるだけで家計の支出が変わってきます。また、奥さまの育休の期間も変わりますので、当然のこと、家計全体の収入にも影響が出てきます。

まずは、子どもをどうするのか、夫婦で話し合うことです。それから、資金計画や購入のタイミングなどを考えた方が良いでしょう。