障害年金の等級変動に備えるために

今回は、相談者が障害年金の受給者ということでしたが、今、障害年金を受給できる方は特殊な病気ばかりではありません。がん患者の方や精神的な病気、人工透析など、身近な病気でも障害年金の対象となりますし、実際、障害年金を受給しながら働いている方もいらっしゃいます。ハローワークでは障がい者を雇用するための説明会なども積極的に行われています。障害の等級が変化して、収入が変動した時の準備もしておきたいものです。

最後に、保険の内容が書かれていませんのではっきりとはわかりませんが、月7.1万円というのは少し金額が多いかもしれません。もし、中学受験が無事に済み、大体の教育費がわかってくる頃には、保険の見直しを考えておくといいでしょう。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。