はじめに

お子さんも含めてお金の使い方を話し合って

ご主人のお小遣いのやりくりの仕方も問題です。家計状況全体を含めて、ご主人と話をすることは難しいでしょうか。

家計の現状を知ってもらえると、お小遣いの枠を超えた使い方も改めようと思えるかもしれません。収入が多いので、支出について大雑把に考えている可能性もありますので、現状を一度数字で把握してもらいましょう。

ご夫婦で、またはお子さんも含めてご家族でお金の話をしていると、ご家族としてお金をかけたいところ、そんなにお金をかけなくても良いところが見えやすくなります。家族でお金の使い方の方針を一致させることができれば、家計やりくりもしやすくなります。

お金を貯める目標や、お子さんの進学希望などについても共有できれば、力をあわせてお金を工面できると思います。それだけの収入があるのですから、諦めずに取り組んでいただきたいものです。

クレジットカードの残高は借金と同じ

ところで、ご主人のお小遣いは、クレジットカードの支払いもあるので自転車操業的になっていないかと心配です。やがてご主人のお小遣いだけで支払えなくなると、家計から負担することにもなりかねません。カードの使い方を相談し、早期に残金を支払い終えられるように相談してみましょう。

金額が跳ね上がると、返そうにも返しにくくなってしまいます。毎月の収入から貯金がきちんとできるようになったら、毎年金額が異なるというボーナスを活用して返してしまっても良いと考えます。

クレジットカードの利用は、いわば借金をしていることと同じです。お小遣いをきちんと自分の趣味や楽しみに使うことができるよう、ご主人に伝えてみましょう。稼いでくれているので言いにくいという思いがあるようですが、そうも言っていられる場合ではないように思います。

急に切り出すのではなく、家計の話ができるようになってきてからクレジットカードの使い方について触れていくという順を踏んでも良いと思います。まずは話し合いから、気軽に始めてみましょう。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。