はじめに

残念ながら購入できていない状況ではありますが、仮に私が契約者の立場であれば以下の行動をとります。

白紙解約できるというオプションをもった状態で再度住まい探しをスタートする。

正式な引渡し時期が確定しない以上は白紙解約というオプションを締め切ることは考えにくいですから、再度新築マンションや中古マンションなど他の候補となりそうな物件の見学を始めます。その中で良いのがあれば契約して晴海フラッグは白紙解約、もし良いのがなければ晴海フラッグの契約を継続します。

通常であれば契約済みのマンションがありながらも他を探して良い物件に出会いそちらへシフトする際は手付金没収となるわけですが、今回は手付金返還されるわけで、悔しいけども他の選択ができるチャンスができたと割り切るしかないでしょう。

1

もちろん新設校の入学に時期が合ったから購入して絶対に転校させたくない方や、テンションが下がってしまいとても住む気になれなくなった方は白紙解約してしまってもよいでしょう。これまでの時間は無駄になってしまうにしても、住まいはご縁ものです。気持ちよく住めないなら白紙解約したほうがいいでしょう。