読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、31歳会社員の女性。夫が海外転勤になる可能性があり、仕事を辞めてついて行った場合、教育費や家の購入費に不安があると言います。FPの飯田道子氏がお答えします。

我が家の家計で専業主婦になることは可能でしょうか。

現在共働きですが、2021年度から主人が海外転勤になる可能性が高く、私は仕事を辞めて帯同する予定です。現在の貯蓄は、年間約350万増ペースで、預貯金1500万、株・投信が800万ほどです。主人曰く、海外転勤中は手当が出るため今のペースの貯蓄は可能とのことです。

懸念点は、教育費と住居費です。私が働かずに年子の教育費に耐えられるのか。また、主人が今の会社に居続ける場合、45歳までは主人の社宅が利用できるため月3万に抑えられる予定ですが、45歳で家を買うとなったらどの程度の物件価格までなら購入可能なのでしょうか。

転職するということも考えられるので、その場合、住居費が家計を圧迫することが想定され、今のペースでの貯蓄はできなくなります。主人の収入だけで、どの程度の家賃またはローンまで耐えられるのでしょうか。考え方も含めて教えていただければ幸いです。海外任期は3年予定ですが、帰国後も専業主婦を続けることは可能でしょうか。

【相談者プロフィール】
・女性、31歳、既婚
・職業:会社員(年収400万円、時短勤務)
・同居の家族:夫32歳、会社員(年収700万円)
・子ども:2人(1歳、2歳)
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:50万円(夫30万円、相談者20万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:200万円(夫150万円、相談者50万円)
・毎月の世帯の支出目安:26万円

【支出の内訳】 
・住居費:3万円
・食費:4万円
・水道光熱費:1.5万円
・教育費:5万円
・保険料:0.8万円
・通信費:0(それぞれのお小遣いから)
・車両費:0万円
・お小遣い:夫5〜8万円、相談者1〜2万円
・その他: 2.5万円(日用品・医療費・レジャー費)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:24万円
・ボーナスからの貯蓄額:100万円
・現在の貯蓄総額:1500万円
・現在の投資総額:800万円
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ