はじめに

収入アップが家計を救うカギになる⁈

相談者様の場合、家計を見直してお金を捻出すると言うよりも、いかにして収入をアップさせていくのかが必要なように見受けられます。

現在、転職を考えているようですので、転職がポイントになるかもしれませんね。

視野を広げて転職活動をしてみましょう

収入アップ、退職金のことを考えて転職を考えている相談者様。確かに年齢的に厳しいかもしれませんが、ちょっと目先を変える、視野を変えて、転職活動をしてみては、いかがでしょうか?

今の時代、正社員であっても、退職金はもらえないかもしれないと言われていますし、退職金そのものを廃止している企業さえあります。退職金に固執してしまうと、良い条件の仕事を見逃してしまうこともあるかもしれません。

まずは毎月の収入アップを目標とし、退職金がある、勤務時間の長さ、通勤のしやすさ、仕事の内容など、自分が考える転職のポイントを書き出し、これらの項目から優先順をつけ、優先順位にあった会社を探すなど、再度、就職活動をしてみるのも手です。

正社員でなくても契約社員という方法もありますし、派遣社員として働く方法もあります。派遣社員の場合、同じ会社で継続して働くことはできないのですが、契約社員であれば、同じ会社で継続して働くことは可能です。

また、今まで挑戦したことのない分野から、転職先を探しても良いかもしれません。
この場合には、面接などで、どうして未経験の仕事をするのか? と尋ねられることがあるかもしれませんが、65歳まで働くとなると、まだ17年もあります。この間、十分にキャリアアップすることはできますし、今の経験を他の職種に生かすこともできるかもしれませせん。最初から、あきらめてしまうのは、もったいないですよ。

長男に協力を仰ぐのも手

現在、ご長男の収入は7万円で、全額お小遣いとなっています。ご長男が学生でアルバイト代なのか、社会人として得ている収入なのか、こちらのデータからは分かりませんが、19歳のお小遣いが7万円というのは、ちょっと多すぎる金額です。

可能であれば、お小遣いから少なくとも2~3万円を家計に入れてもらうようにしてください。

もし、家計に入れるのが難しいというのなら、学生であれば、お小遣いを含め、身の回りのことは全て自分のお金で賄ってもらう。社会人の場合、一人暮らしをしていることを考えてもらいましょう。到底、今のような生活はできません。そのことを踏まえたら、実家に生活費として入れることは、当たり前のことと言えます。

ちょっと厳しい話しになってしまいますが、家計の現状を話せば理解してもらえるのではないでしょうか? 一度、家族で話し合う機会を設けてみてください。

お金のことは夫婦で解決したいと考える人たちは多いのですが、夫婦でなく、家族で考えることが必要です。この機会に家族それぞれの思いを話し、家族全員で前向きにピンチを切り抜けていってくださいね。応援しています。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

この記事は参考になりましたか?