はじめに

「陽性が出たら、そのまま10日間ほど入院ですが大丈夫ですか」

0歳児を育てながら職場復職したばかり私は、7月下旬に風邪をこじらせ、新型コロナウイルスの抗原検査を受けました。改めて思い知らされたのは、陽性が出た瞬間から家族からも社会からも隔離され、日常生活が送れなくなる病気であるということ。症状への不安よりも、家族や周囲、仕事に一体どんな影響があるのかという恐怖が襲ってきました。


突然、保育園が休園

7月中旬、ある平日の午後8時過ぎ。子供を寝かせ、スマホのメールボックスをなんとなく開いた時、届いたメールに思わず声が出ました。タイトルは「〇〇保育園児童の新型コロナウイルス感染症患者の発生について」。住んでいる自治体から、登録した保育園の保護者に送られる一斉送信メールでした。

メールには、園児に陽性反応が出たために、翌日から週末までを休園とすること、保健所が濃厚接触者を特定することなどが書かれていました。

翌朝、慌てて保育園に電話しました。「保育園再開の見通しは?」「もし子供が濃厚接触者なら、しばらく保育園には行けないんですか?」。聞きたいことは山ほどありましたが、園側の回答は「何も答えられない」。どのクラスで発生したかについてすら、「個人情報と人権に配慮」という理由で回答はなく、もどかしさが残りました。

結局、その日の午後、「連絡がなかった家庭は、濃厚接触者の対象ではない」とのメールが届き、安堵しました。翌日には保育園の再開日についても連絡がありました。

なぜか親が発熱

一週間後、なぜか私が発熱し、激しい咳が止まらなくなりました。実はその少し前、私は水疱瘡のウイルスが原因の帯状疱疹を発症していました。激痛を伴う発疹が出て、抗体のない子供に水疱瘡を発症させる可能性がある疾病です。

そのため、子供のお風呂や保育園は、大阪から来てくれた母が担ってくれていました。私自身はリモートワークでほぼ家から出ていません。なので、ただの風邪と思っていましたが、息も苦しくなってきました。翌日に、近所の医院に診察を受けたいと電話しました。

問診した医師は、「家で待機していてください。他の患者さんがいなくなったら電話をするから、すぐに来て」と、厳しい口調でした。医院のお昼休みに、レントゲン室で診察を受けました。医師はフェイスシールド、マスク、防護服、手袋と完全防備で、できるだけ私から距離をとって話をします。

「はずれかもしれないけれど、これだけ陽性者が増えているから検査を受けましょう。保健所に登録します。いいですね」と説得するように言われました。