はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、54歳の男性。山梨の実家の不動産を相続したものの、当面は住む予定はないけれど、リタイヤ後に戻るかもしれないとお悩みとのこと。FPの平野泰嗣氏がお答えします。

昨年末に一人暮らしの母親に相続が発生し、長男の私が実家の不動産を相続することになりました。実家は、山梨県の甲府駅から各駅停車で数駅の所にあり、最寄り駅から歩いて20分くらいです。大学を卒業して東京に出るまでは実家暮らしだったので、私にとって思い出のある家です。リタイアする65歳くらいまでは、東京で暮らす予定なので、当分の間は、住む予定がありません。リタイア後は、都心から離れたところでのんびりと暮らすことに憧れていますが、妻にはまだ話していません。当面は、家計の足しになれば良いので、人に貸すことを考えていますが、築40年なので借り手がつくかどうかもわかりません。最近、空き家問題が話題になっていて、早く手放した方か良いのかも気になっています。

【相談者プロフィール】
・相談者:男性54歳、(妻52歳、子ども2人:22歳、18歳)
・東京都在住(持ち家)

【家計の状況】
・年収約700万円(手取り560万円)
・年間支出500万円
・年間貯蓄60万円
・金融資産500万円

【物件(実家)の概要】
・土地165平米
・建物75平米(2階建て、4DK)
・建築年1980年(築40年)

平野: ご相談をいただき、ありがとうございます。相談者様のように実家を相続され、持ち家がある方は、当面は住む予定がないと、人に貸そうか、売ってしまおうか、それとも他に選択肢がないのか、いろいろ迷われる人も多いのではないかと思います。そこで今回は、実家を相続した場合の空き家対策についての考え方について解説します。