はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、37歳自営業の女性。現在、つみたてNISAとiDeCoと国民年金に付加保険料をつけて老後資金を貯めていますが、長生きした時に枯渇しないか不安とのこと。FPの秋山芳生氏がお答えします。

個人事業主として仕事をしているため年金の支給見込み額が少なく、各種公的制度を活用して資産形成を目指しています。

▽現在の積み立て金額
(1)つみたてNISA(5万円/月)※全世界インデックス投信
(2)iDeCo(3.3万円/月)※国内外のインデックス投信
(3)国民年金の付加保険料

現在のペースを保てればそれなりの金額にはなりますが、(1)と(2)は取り崩していくことになるので、思いのほか長生きしたときに資金が枯渇しないか不安です。(3)は2年で元が取れるコスパのよさにひかれて加入しましたが、受取額の増加分は微々たるものなので、国民年金基金の終身プランに変更したほうがいいのか悩んでいます。手元の現金がそれなりに貯まったので、現在の収入を維持できている間は(2)+(3)+国民年金基金の上限=6.8万円まで拠出したいと考えているのですが、無理はないでしょうか。また、6.8万円のうち、どういったバランスで設計するのがよいか、アドバイスをお願いしたいです。

【相談者プロフィール】
女性、37歳、未婚
職業:自営業
住居の形態:賃貸
毎月の世帯の手取り金額:50万円
年間の世帯の手取りボーナス額:0
毎月の世帯の支出の目安:24万円

【毎月の支出の内訳】
住居費:5万円
食費:1万円
水道光熱費:1万円
教育費:0.5万円
保険料:0.4万円(生命保険・医療保険・がん保険・個人賠償責任保険 ※すべて掛け捨て)
通信費:0.5万円
車両費:0
お小遣い:0
その他:15.6万円(日用品・娯楽・ペット・住民税・国民健康保険料・国民年金保険料など)
【資産状況】
毎月の貯蓄額:26万円
現在の貯蓄総額:500万円
現在の投資総額:940万円(おおよその内訳…国内株式:50%/NISA&iDeCoのインデックス投資信託:50%)
現在の負債総額:64万円(無利子の奨学金)
現在の加入条件が続いた場合の公的年金:7.5万円/月

秋山: ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナ−の秋山芳生です。現在自営業で、資産形成と老後に必要な資産をどのように作るべきかという相談ですね。