はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、42歳、会社員の男性。妻が妊娠し、今年11月に長子が誕生予定ですが、将来は定年と子どもの成人が重なり、ローンの返済も残っているため不安とのこと。FPの飯田道子氏がお答えします。

出産後の家計が不安です。このままで良いかの相談です。

住宅ローンは、借入額5120万円、金利1.34%、35年固定、残31年です。60歳定年後も住宅ローンは残る為、保険の積立で繰上げ返済予定です(60歳くらいに繰上げ返済予定)。

また、11月に出産予定の為、定年と、子ども成人がかさなります。住宅ローン、教育資金、老後資金を平行で貯めていく必要があると認識してきますが、今のままの家計で良いかがわかりません。改善する必要がある場合、どこを改善すればよいかがわかりません。アドバイスをお願いします。

【相談者プロフィール】
男性、42歳、会社員、既婚
同居家族について:妻、39歳。11月に出産予定です。その後は、仕事復帰予定。
住居の形態:持ち家(戸建て)
毎月の世帯の手取り金額:35万円
ボーナスの有無:あり
年間の世帯の手取りボーナス額:150万円
毎月の世帯の支出の目安:30万円

【支出の内訳】
住居費:毎月13.5万円 ボーナス15万円
食費:食品4.5万円 外食0.5万円
水道光熱費:1.6万円
保険料:医療保険1.1万円 積立保険(米ドル建て)5万円
通信費:携帯0.9万円 インターネット0.7万円 その他0.2万円
車両費:0.7万円
お小遣い:夫1.5万円 妻1.0万円
その他:日用品3.5万円

【資産状況】
毎月の貯蓄額:財形積立6万円 保険5万円 その他3万円
ボーナスからの年間貯蓄額:40万円
現在の貯蓄総額:1400万円
現在の投資総額:投資信託90万円 株式190万円
現在の負債総額:4900万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ