はじめに

投資の定番手法である「不動産投資」。とはいえ、まとまった頭金や融資が必要なことからスタートするにはハードルが高そう。そこで話を伺ったのが束田光陽さん。26歳で不動産投資を始め、2年で資産5,000万円を達成。現在の総資産は5億円とのこと。ファイナンシャルアカデミー「不動産投資スクール」講師も務める束田さんは、どのように不動産投資をスタートしたのでしょうか。


二世帯住宅の購入

――2003年、26歳で不動産投資を始められたと伺いました。何がきっかけだったのですか。

マイホーム購入です。当時入社3、4年目のサラリーマンで、年収は300〜400万円ほど。そこで、3,000〜4,000万円ほどの物件をローンで購入しようと考えていたところ、ある二世帯住宅を見つけて、不動産投資を考え始めました。

――なぜ二世帯住宅が不動産投資に?

その物件は2LDKとワンルームに分かれており、業者さんは普段2LDKに暮らし、ワンルームは賃貸する形も出来ると話していました。「このエリアなら家賃8万円で貸し出せる」と。実際、私も詳しいエリアだったので、新築でこの場所なら8万円は取れると思いました。そこで初めて不動産投資を考え始めたのです。

――実際、どうしたのですか。

この物件を2860万円で購入したのですが、当時組んだ35年ローンで毎月の返済額は8.6万円。一方、月8万円の家賃収入があれば、ローン返済に良いなと。それでワンルームを月8万円で貸しました。

束田光陽さん束田光陽さん

――そこから束田さんの不動産投資がスタートしたのですね。

はい。実は、同じようにマイホーム購入がきっかけで始める人は多いのです。不動産投資というと身構えてしまうものですが、自宅を購入する際、一部を賃貸化してローン返済にあてるのは入りやすい方法かもしれません。二世帯住宅に限らず、別個の物件を2つ買っても良いですし。

――「借り手がつかない」という不安はありませんでしたか?

もちろんありました。ただ、仮に月8万円で入らなくても、7万、6万と値下げすれば、誰か入るという自信もありました。同エリアで月6万円の物件と比べると、明らかに良い条件・立地でしたから。そもそも、自宅として購入したので、誰も借りなくてもマイナスではない。少しでもローンが軽減されればという考えだったのです。

――買った後、どうなりましたか。

借り手が見つかり、月8万円の家賃収入が入ってきました。さらに大きいのは、17年経って物件の価値も大きく上がったことです。2,860万円の購入でしたが、今の相場は4,000~5,000万円ほど。これまでのローンは家賃収入でまかなえて、さらに売却すれば大きな利益が出る。ここで不動産投資の良さを味わいました。