<PR>新電力に切替えで「マネーフォワード ME」のプレミアム機能が無料!

はじめに

内閣府が公表している「男女共同参画白書 令和2年版」によると、令和元年の共働き世帯の数は1245万。一方、専業主婦世帯は582万と2倍以上の開きがあります。1990年代後半を境に、その差は年々大きくなっています。

しかしながら、家事・育児については、妻の負担が減ったという声はあまり聞かれません。私が所属するしゅふJOB総研の調査でも、働きに出るようになった分、負担が増えたという妻たちからの声が聞こえてきます。もちろんご家庭ごとに差はありますが、総じて夫の協力は未だ不十分なようです。

世の中には、仕事も家事も育児も見事にこなすイクメンもいますが、まだまだ少数派です。家事も育児も全くしないゼロメンも少なくなりつつあるようですが、多くの夫たちは、“ゼロメン以上イクメン未満”に分類されるのではないでしょうか。

そんな、“ゼロメン以上イクメン未満”の夫たちの中でも、家事・育児に対して一歩積極的なスタンスを持っているパパたち4名を集め、しゅふJOB総研主催の座談会を行いました。そこで飛び交った発言の中から、印象に残った言葉をピックアップしてご紹介します。

全員がITエンジニアでもある彼らは、家事・育児に対する思いを客観的にロジカルに捉えて言語化して話してくれました。夫として家事や育児にどう向き合うか葛藤している方にとって、パパエンジニアたちの言葉が一歩前に進むためのヒントとなれば幸いです。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ