はじめに

今年の夏は酷暑でした。暑かった日々を共に過ごした「衣服」、夏に着用した服はシーズンオフとなる最後の洗濯をいかにきちんとするかで、来年もキレイな状態で着られるかどうかが変わります。

来年、お気に入りの衣服をキレイに着れるように、夏の終わりにやっておきたい衣類のメンテナンスを紹介します。


漬けおき洗いで見えない汚れを落とす

肌に直接触れていた衣服は特別な洗濯を

Tシャツやブラウス、ワイシャツなど、肌に直接触れていたものは特別な洗濯が必要です。普通に洗濯機で洗濯をして、見た目は汚れが落ちているようでも、実は目に見えない皮脂や汗が残っていることも。見えない汚れを残したまま収納してしまうと、来年の夏には黄色いシミとなってしまうでしょう。そうならないためにも、シーズンオフで収納する前の洗濯は入念にする必要があります。

ポイントは漬けおき洗いと酸素系漂白剤。まずは衣服を洗濯機に入れ、それらが浸る程度に水を少量だけ入れます。いつも通りの洗濯洗剤を入れ、5分ほど洗濯機を運転させてください。濃度が濃い洗濯液が衣類全体に周ったら洗濯機を止めて、半日ほど漬けおきします。これで繊維の奥まで洗濯洗剤が入り、汚れが落ちやすくなります。

半日経ったら、酸素系漂白剤を洗濯機に入れ、あとはいつも通り洗濯をします。酸素系漂白剤によって除菌もでき、シミも落ちやすくなります。