はじめに

忘れがちなカーディガンやワンピース

あまり頻繁に着用せず、着ても毎回洗濯をしていなかったものは要注意です。「汚れていないから」とそのまま収納してしまうと目に見えていなかった皮脂や汗の汚れがシミの原因になってしまいます。

オシャレ着

自宅で洗えるものはオシャレ着洗い専用の洗剤と洗濯ネットを使い、洗濯機のオシャレ着コースなどで優しく洗います。こちらもしっかりと乾燥をさせましょう。
自宅で洗えないものは、潔くクリーニングにだしましょう。多少のクリーニング代がかかっても、せっかく買った衣類を大切に長く着ることができるのであれば良しとしましょう。

「汚れというものは目に見えているものだけではない」ということを念頭におき、夏の間お世話になった衣類をしっかりメンテナンスしてあげましょう。

大切な服は来年も着られるようにしたいですね。

衣類メンテナンス

※酸素系漂白剤が使えないものもありますので、衣服の洗濯表記をご確認ください

この記事は参考になりましたか?