はじめに

あなたはこれからどんな人生を過ごしたいですか?

お金のシミュレーションは、将来、お金が底を尽きないかチェックするためにするものですが、収入や支出などの前提条件によって、結果はいくらでも変わります。節約して使うお金を減らせば資産は順調に増えます。しかし、節約を意識しすぎると、「今の人生」を豊かに過ごせなくなるかもしれません。ご相談者ご自身の新しい人生、どんな風に過ごしていきたいか、ということを考えていただけたら良いなと思うのです。

そこで、お伝えいただいた収支金額をもとにして、お金のシミュレーションをしたあとは、将来、安心して過ごすためには、「いくらまでなら使って良いか」という金額を出すことにいたします。将来も今も同じように大事です。貯めすぎて人生の最後に大金が余ってしまっても面白くないのでは? お金は使うためにあるものですから、このシミュレーション結果から、ご自身にとって良いお金の使い方を見つけていただけたら嬉しく思います。

これからの人生をより具体的にイメージできるよう項目を記載したワークシートを紹介しますので、イメージしながらシミュレーションをご覧になってください。

図

今後のシミュレーションをしてみよう

ご相談者さまがイメージされている支出金額が、今後ずっと変わらないと仮定し、40年間のシミュレーションをしたものが以下の表です。

【シミュレーションの前提条件】
・64歳までの手取り収入:月13万円(iDeCoとつみたてNISA分支払後と仮定/税金還付等は考慮せず)
・64 歳までの支出額:月10万円(住居費は月3万円で固定/2年に一度更新)
・65歳以降の年金額:月9.1万円
・65歳以降の支出額:月10万円+医療や介護等にかかるお金として年50万円
・iDeCoとつみたてNISA拠出分は運用資産として加算(19年後まで年69.6万円/20・21年後は年40万円)
・運用資産の利回りは年1%(手数料・税金は考慮せず/年複利で計算)

図

ご記入された想定支出額が、そのまま40年間続くと仮定した場合、40年後81歳になった時に、3,119万円残ることとなりました。医療や介護等で出費が増えることが考えられる65歳以降、年50万円の支出分を入れてもこの金額が残るのです。ホッとされたではないでしょうか?