はじめに

スマホの簡単な操作だけで欲しいものが手に入る時代において、「クレジットカード」の存在は便利さを手に入れるためになくてはならないものになりました。

また、国の政策として「キャッシュレス」が進められていく昨今、各クレジットカード会社のポイント付与合戦は、消費者として無視をするにはもったいない程に、決済代金1%~2%のポイント還元は当たり前、条件が揃えば5%~10%の還元を受けることもできます。

今回は、そんな私たちの経済活動に身近な存在である「クレジットカード」について、申し込む際の「入会審査」ではどんなところを見られているか?審査に落ちないために何を気を付ければ良いのか? について解説をしたいと思います。


クレジット申し込み審査における「信用情報」とは?

「入会審査」で何を見られるのかは、そもそもクレジット決済とはどういったものかを考えれば、理解がしやすいと思います。

私たちは通常、お店で提供をされる物やサービスの対価として、お金を支払います。ここにクレジット(信用販売)という仕組みが入ることで、その場でお金を支払うことなく、先に商品やサービスを手に入れることが可能になります。

この時、クレジット会社が私たちに代わってお店に代金を支払っていて、私たちは後でクレジット会社にお金を払う、という仕組みです。つまりクレジット会社が審査の際に何を考えるのかといえば、「後でキチンとお金を払ってくれる人か?」という点です。

クレジットカードは主に、「ステータスカード」と呼ばれるブラック、ゴールド、プラチナなど、年会費が高い代わりにハイクラスのサービスが受けられるカードと、年会費が安価であったり無料であったりする「一般カード」に分けることができます。銀行系・流通系・消費者金融系などに大別することもできるでしょう。

一般的には、年収が高ければステータスの高いカードでも審査が通りやすい傾向にはありますが、高ければ良いという訳ではありません。年収200万でも審査が通る会社もありますし、年収1,000万円であっても審査が通らないこともあるからです。