はじめに

最も重要な「信用情報」とは?

数々の項目の中でも、クレジットカード各社が申し込み審査の際に最も重要視するのは、「過去の返済実績」と考えられます。

なぜなら、今現在どんなに年収が高い人であっても、「後でキチンとお金を払ってくれなかった人」に対しては、自信をもって信用をするのは難しいのではないでしょうか。

全てのクレジットカード会社は「信用情報機関(CIC・JICC・JBA)」に加盟をしています。信用情報機関では、それぞれ異なる会社間での個人情報を共有し、申し込み審査の際の判断材料にしています。

登録されている内容は以下の通りです。

●個人を特定するための情報
 ・氏名、生年月日、住所、電話番号
 ・勤務先
 ・運転免許証番号や、身分証明書類の記号・番号

●個人の属性情報
 ・契約内容についての情報 契約したクレジットやローンの会社名、契約日、金額、返済回数など
 ・返済状況についての情報 遅延の有無 など
 ・割賦情報 年間支払見込み額、割賦部分の支払い状況 など
 ・金融情報 キャッシング残高情報 など

以上が、クレジットカード入会時に審査される項目と言われています。

キャッシュレス生活を支える上で、上手に使えば本当に便利なのがクレジットカードです。クレジットカードのことを理解して、自分にあったものを見つけていきましょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。