はじめに

具体的にどこを改善すればよいか?

改善ポイントとしては、食費の7万円と保険の3万円が気になりますね。

食費は、一人暮らしで7万円かかっているのは高額だと思います。またお一人様で保険に3万円もかける必要はないでしょう。貯蓄型の保険の可能性が高いと思いますが、今の貯蓄額からも、もしもの時に誰かに残すことを考える必要はないのではないでしょうか。資産を増やしていきたい、貯蓄をしたいということであれば、投資を勉強してちゃんと運用にまわしていくとよいでしょう。

ご収入も高くいらっしゃるので、お仕事はお忙しいのではないかと思います。ストレスがたまることもあるかと思いますが、刹那的な支出に走らず、貯蓄に回すお金や資産形成はしっかりと考えて設計されると良いと思います。また、健康で職能が高い状態であれば年収をキープしたり上げていくことも十分に考えられますが、例えばご両親の介護などがあり、ごきょうだいがいない場合、仕事をキープすることが難しくなる局面もでてくるかもしれません。

月の支出50万円を20万円減らすことができれば

ちなみに、月の支出を20万円減らして貯金した場合のシミュレーションがこちらです。

図

女性は長生きすることが多いので、95歳以上まで生きることも珍しくありません。そう考えると、やはり90代後半までは資産が残る状況を考えたいものですよね。月の支出から20万円減らすということは、家計をしっかり把握することや、マインドセットも含めて考え方を変えていかないと達成できないかもしれませんが、リアリティを感じる為にも、詳しくライフプランニングを組んでみてるとよいでしょう。

長期目線でみたときに、生涯独身だったときに、自分自身の介護にも費用がかかるかもしれないなどと、リアルに想像できれば生活のスタンスを切り替えていけるのではないでしょうか。

その上でご自身の人生を再度デザインして、長期目線で「生涯でいくら稼ぎ」「生涯で、いついくら使うか」を検討されると良いと思います。そもそものご収入が非常に高いので、攻めの力を守りにまわしていくことで資産状況は劇的に改善していくと思います。

以上、参考になれば幸いです。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

この記事は参考になりましたか?