はじめに

「ホワイト×市場価値が高まる」が理想だけど

図をご覧ください。
1

企業をマトリクスに整理してみると、「1ブラック×市場価値高まる」「2ブラック×市場価値高まらない」「3ホワイト×市場価値高まらない」「4ホワイト×市場価値高まる」の4つの象限に分類できます。

あくまで市場価値を高める観点で考えると、「ホワイト×市場価値が高まる」→「ブラック×市場価値が高まる」→「ホワイト×市場価値が高まらない」→「ブラック×市場価値が高まらない」の順番で選択できると良いでしょう。

しかし、現実は「ホワイト×市場価値が高まる」という会社は少なく、市場価値が低い段階では内定を得られないのが現実で、「ブラック×市場価値が高まる」からキャリアが始まるのが実情です。

なので、最初は「ブラック×市場価値が高まる」会社で市場価値を高めて、その後に「ホワイト×市場価値が高まる」か、「ホワイト×市場価値が高まらない」会社の専門職ポジションに転職するのが賢い戦略でしょう。

よくキャリア論で「石の上にも3年」という言葉を聞くと思います。

しかし、一概にそうとは限らず、「市場価値が高まること」が前提です。身体や精神を壊さないことを前提として、市場価値が高まるのであれば、キャリア形成においてブラック企業でも3年間やり切るメリットは十分にあります。

ですが、市場価値が高まらないなら、ホワイト企業であっても、ブラック企業であればなおさら3年を待たずして辞めてしまっても良いでしょう。年齢が若い方が未経験の求人にチャレンジしやすいためです。1年でも早く市場価値が高まるキャリアを積んでいくのに超したことはありません。

●末永雄大(すえなが ゆうた)
新卒でリクルートキャリア(旧リクルートエージェント)入社。リクルーティングアドバイザーとして様々な業界・企業の採用支援に携わる。
その後、サイバーエージェントに転職し、アカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援をおこなう。
2011年にヘッドハンター・転職エージェントとして独立。2012年アクシス株式会社を設立し、代表取締役に就任。月間40万人の読者が読む転職メディア「すべらない転職」の運営やキャリアに特化した有料パーソナルトレーニングサービス「マジキャリ」など多岐にわたるキャリア支援サービスを展開。転職エージェントとして20代向けの転職・キャリア支援を行いながら、インターネットビジネスの事業開発や大学・ハローワークでのキャリアについての講演活動、ヤフーニュースや東洋経済オンラインでの寄稿など幅広く活動している。

キャリアロジック 末永 雄大 著

キャリアロジック
キャリアには明確なルール、ロジックがあり、それさえ知っておけば、自分の思うようなキャリアを歩むことができる!
転職、年収、これからの働き方に悩むビジネスパーソン必読のキャリア本の決定版!キャリアの全てを知り尽くした転職エージェントが公開する、誰もが知っておくべきキャリアの真実!

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。