はじめに

日本人の約9割(88.7%)が「生命保険」や「医療保険」など何かしらの保険に入っています。

この数字は、諸外国と比較するとかなり高い割合です。にもかかわらず、保険に嫌悪感を抱かれている方、もしくはご自身の加入内容を理解されていない方が大半です。

ではなぜこのような状況になってしまっているのか、「そもそも保険ってなんのために入るのか」の本題に入る前に、まずは時代背景から簡単にお話していきます。

※生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査(速報版)」参照

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ