はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、41歳、公務員の女性。外貨建て年金保険に加入を検討していますが、ベストな選択か迷いがあるそうです。改善点はあるのでしょうか? FPの鈴木さや子氏がお答えします。

外貨建て保険で70歳から年2万ドルもらえるように計画しています。しかし、年金の免除申請期間が長かったことや、奨学金返済800万(育英会の借金は優良な投資だと思っています)に加えて、突発的な浪費癖もあり、今のプランが正解なのか不安があります。ガン家系ということもあり、健康保険も入るべきとは思いつつ、決めきれずにずるずると40 歳を超えてしまいました。ベストな選択が出来ているかどうか、改善点はどこか、プロの見立てを教えていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
女性、41、準公務員、未婚
子どもの人数:なし
同居家族について:なし
住居の形態:賃貸
毎月の世帯の手取り金額:32万円
年間の世帯の手取りボーナス額:140万円
毎月の世帯の支出の目安:22

【毎月の支出の内訳】
住居費:5万5,000円
食費:2万5,000円
水道光熱費:2万5,000円
教育費:1万5,000円
保険料:11万5,000円
通信費:7,000円
車両費:1万4,000円
お小遣い:3万円
その他 :2万円

【資産状況】
毎月の貯蓄額:2万円
ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
現在の貯蓄総額:280万円
現在の投資総額:440万円
現在の負債総額:300万円

鈴木:老後の生活に備えて、外貨建て年金保険を検討されているのですね。浪費癖もあると書かれていますが、貯蓄も投資もされていますし、きちんと資産形成を意識されているようです。とはいえご不安な思いも多い様子。一旦現状を整理して、今後どう備えればよいか考えていきましょう。