はじめに

11月3日は我が国の景気や株価の行方まで大きく左右する米国の大統領選挙が行われます。

再選を目指す共和党のトランプ大統領ですが、事前の世論調査では新型コロナの感染拡大やそれに伴う景気後退、そして黒人男性の死亡事件に起因する混乱から支持率を下げています。

民主党の候補である前副大統領のバイデン氏が優勢と見られていますが、“隠れトランプ支持者”も多いと言われ、世論調査そのままの結果から大統領選の予測は難しいとされています。

既にマスコミ各社は、大統領選の勝利予測や、その後の政策や景気への影響はどうなるか様々な予想をとりあげています。増税を計画するバイデン氏が勝利すると株式市場にマイナスと見られており、現状では“トランプ株高・バイデン株安”が多くの投資家の見方になっています。

そこで今回は、視点を変えて“株のジンクス”から大統領選と株価との関係を紹介します。ちなみに株のジンクスのことを業界では“アノマリー“と呼んでいます。


大統領選の年は株高?

米大統領選のアノマリーには様々なものがあります。最も代表的なのが「大統領選の年に向けて株価が高くなる」というものです。

大統領選は4年に1回行われるため、それぞれの年の株価の騰落率を平均してみましょう。

確かに、選挙前年となる“3年後”は日米ともに、他の3年に比べて最も騰落率が高くなっています(米国株は16.0%、日本株は11.9%)。反対に、2年後は最も騰落率が低くなります。

これには次のような理由があります。気が早く感じるかもしれませんが任期開始後は、大統領は次の選挙でも再選を勝ち取るため、国民の痛みを伴うが国を良くするためにやらなければならない政策を任期の前半で行います。

そして任期の後半は、多くの国民が喜ぶ景気刺激策を打ち出して、大統領選の辺りで景気が好調になるようにもっていこうとします。このため、任期の中間にあたる2年目に株価は厳しくなり、大統領選に向けて株高の傾向になりやすいのです。

それでは大統領選の翌年はどうでしょうか。2021年の株価を予想する上で参考になるものですが、騰落率は米国株7.0%、日本株10.4%と日米ともに堅調です。大統領選を終えて、政治的な不透明材料を超えたことにより相場が落ち着いたことが反映されています。

選挙に勝利した大統領は選挙の翌年1月20日の就任式から就任します。選挙翌年の任期初年は新大統領への期待が高まり株高につながるとも見られます。