はじめに

ポイント投資は買い物などで貯まったポイントを運用できるサービス。値下がりしてもポイントは減っても自分のお金が減ることはありません。とはいえ、せっかく投資するなら、ちゃんと増やしたいですよね。

今回は、ポイント投資の「投資先選び」について紹介します。ポイント投資だけでなく、お金を使った投資にも役立ちますよ。


ポイント投資で投資のネガティブなイメージを取り除こう

買い物などで貯まったポイントで投資できる「ポイント投資サービス」が注目されています。楽天ポイント、Tポイント、dポイント、Pontaポイント……多くの系列店で貯まる「4大ポイント」をはじめ、さまざまなポイントでポイント投資サービスが用意されています。「投資にお金を払うのはちょっと」という方でも、ポイント投資なら基本的にお金を使わずに投資が可能(お金を使って投資できるサービスもあります)。うまくいけば、お金やポイントを増やすことができます。

とはいえ、投資に対して「ギャンブル」「値動きが怖い」「お金持ちがするもの」というネガティブなイメージを持っている方が、少なくないようです。

「ギャンブル」と思うのは、投資を経験したことがなく、単に運の要素で「増えた・減った」の二択の世界で見ているからです。確かに、やろうと思えばギャンブルのような投資もできます。しかも、ギャンブルのような投資は派手です。投資をしていない人は、そうした投資で儲けて喜んでいる人と損して落ち込んでいる人を見て、「やっぱり投資はギャンブルなんだ」と思ってしまいます。

しかし、株式・債券・投資信託などの金融商品は、いずれも世界や日本の成長を応援するためのものです。成長を応援しながら、自分もその恩恵を受けることができるこれらは、ギャンブルではなく立派な投資です。

「値動きが怖い」と感じるのは、お金を失いたくないからです。筆者自身も損はしたくありません。しかし、リスクとリターンはトレードオフの関係にあります。ある程度は損(の可能性)を受け入れていかないと、お金は増えないのです。預貯金でお金がほとんど増えないのは、リスクが限りなくゼロに近いからです。

投資でお金を増やしていくには、値動きと上手く付き合う必要があります。これを学ぶには、自分で投資行動をするのが一番です。

そして「お金持ちがするもの」と感じてしまうのは、投資が100円と少額できることやポイントで投資できるサービスがあることを知らないからです。ポイント投資では、たとえば数百ポイントで、本物の株式を1株買うということもできます。また、サービスによっては1ポイントからでも投資することができます。たとえ今お金がなくても、これから十分参加できますね。

このような特徴を考えると、ポイント投資は投資に対するネガティブなイメージを払拭し、値動きに慣れるのに最適な投資だといえます。自分のお金だとなかなか手を出しにくい、投資に回すお金の余裕がないという方も、ぜひ取り組んでいただければと思います。

もし、ポイント投資で投資デビューをするのならば、まずは細かいことは気にせず、好きな資産や銘柄に投資することをおすすめします。目的は、投資資産がどのような値動きをするのかを体験することです。投資先はどこでも結構です。実際に売買してみて、ポイントが増減したり、資産額が増減したりする様子を実際に確かめてみましょう。

銀行預金では半年に1度利息が支払われています(わずかな金額ですが)。それに比べて、投資では、銀行預金より増えることもありますし、ときには減ることもあります。そうした値動きの様子は、特に投資が初めての方には新鮮に映るでしょう。