はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、32歳、会社員の女性。会社員の夫と1歳と4歳の子育て真っ最中の相談者。二人の子どものために、毎月いくら教育費を貯めていけばいいのでしょうか。溜め込み過ぎず有意義に使っていきたいという希望です。FPの氏家祥美氏がお答えします。

教育費をいくら貯めれば良いかわからない。貯金も重要だと認識しているが、貯め込み過ぎずに有意義に使っていきたいとも思っている。そのためにも必要な月々の貯金額を知りたい。また、固定費削減のために、保険が最適かも知りたい。

【相談者プロフィール】
・女性、32、会社員、既婚
・同居家族について:夫34歳、共働き夫婦と保育園児(1歳、4歳)の4人家族
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅)
・毎月の世帯の手取り金額:57万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:未定(昨年は220万)
・毎月の世帯の支出の目安:46万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:20万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万5,000円
・教育費:2万7,000円
・保険料:3万5,000円
・通信費:2,000円
・車両費:2万6,000円
・お小遣い:8万円
・その他:3万円

【試算状況】
・毎月の貯蓄額:11万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯蓄総額:1,000万円
・現在の投資総額:23万円
・現在の負債総額:4,600万円

【保険】
夫:
・三大疾病保険(積立型) 三大疾病か死亡で200万…月々4500円60歳まで払込終身補償
・変額保険(積立型)死亡270万…月々1万、20年払込(学資保険代わり) 
・ドル建て年金保険…死亡300万、月々1万4,500円(円換算後) 60歳から受取可 返戻率140〜200%
・医療保険…入院日額5,000円、月々2500円60歳まで払込終身補償

相談者:
・三大疾病保険(積立型)… 三大疾病か死亡で200万…月々4,500円を60歳まで払込終身補償
・死亡保険(積立型)…死亡300万
・他、会社で死亡1000万、入院5000円。

氏家:こんにちは。ファイナンシャルプランナーの氏家祥美です。今回は、30代前半の共働きファミリーから、教育費についてのご相談をいただきました。貯め込みすぎずに有意義にお金を使っていきたいと考える場合、教育費はいくら貯めたらいいの?というご相談にお答えします。