はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、52歳、会社員の女性。現在の仕事が年齢的・精神的にもきつくなってきたという相談者。手持ちの不動産から家賃収入を得ながらセミリタイヤし、売却した余剰金で老後を乗り切りたいといいますが、可能でしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。

セミリタイアしたいので今後毎年いくらくらい給与収入があればいいのか知りたい。住宅ローンが終了し、その住居を賃貸に出し月間12万(固定資産税、管理費修繕積立費などを差し引いた手取り額)の収入を得るようになりました。今は賃貸に引っ越して住んでいます。その物件の2020年現在の査定価格は4,000万ほどです。現在契約社員として働いていますが年齢的にも時間的制約もきつく精神的にも楽になりたく、パートタイマーに変更したいと思っています。年金受給できるようになったら物件を売り1,000万ほどの住居へ住み替え、余剰金と貯蓄で老後を乗り切る予定です。そのためにはいくらくらい65歳までに貯蓄すればいいでしょうか?生活費は家賃収入内でやりくりする予定。パートタイムで働いた分はすべて貯蓄に回せると思います。

【相談者プロフィール】
・女性、52、会社員、独身
・同居家族について:一人暮らし
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:20万円
・毎月の世帯の支出の目安:13万5,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:3万8,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:6,000円
・教育費:5,000円
・保険料:1万5,000円
・通信費:3,000円
・車両費:1万5,000円
・お小遣い:2万円
・その他:3,000円
・毎月の貯蓄額:6万5,000円
・現在の貯蓄総額:150万円
・現在の投資総額:700万円
・現在の負債総額:0円
・老後資金 公的年金年額100万ほど 2020年年金定期便から計算
・退職金なし 住宅ローンなし

秋山:ご相談いただき、ありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。

できるだけ早く、セミリタイアしてパートタイム勤務しながら、老後の費用も準備したいというご相談ですね。マンションを購入して既に住宅ローンが無ことと、4000万円の査定を受けているのは大きなアドバンテージですね。購入済みのマンションを賃貸に貸し出して月平均12万円の家賃収入があるのも非常に有利な状態と思います。

また、現在月に20万円の手取り収入があり、それとは別に12万円の家賃収入がある状態。支出は月に13万5,000円に抑えられており、今後家賃収入の12万円の中におさめることも可能と考えてらっしゃるのですね。

現在の収入を減らしても老後を無理なく過ごすことが可能か、老後のシミュレーションを組んで見ながら一緒に考えていければと思います。