はじめに

株式投資で利益を出すには、どのように投資銘柄を選ぶかが重要です。「株価指数」に連動する投資信託を買うという選択肢もありますが、投資をして株価が上がらないとつらいもの。

今、米大統領選挙が終わってから株価が大きく上昇していますが、全ての株価が上昇しているというわけでもありません。大きく上昇している銘柄がある一方で、大きく下落している銘柄もあるという状況です。

前回お話したように、自分が持っている株だけが上昇しないと悲しくなります。ウォール街での相場格言の一つで、ケインズという経済学者が述べた言葉に、「株式投資は美人投票のようなものだ」というものがあります。この意味と対処法を考えてみます。


大統領選後、買われた銘柄

今、まさに、美人投票が始まっています。好調だった米国のハイテク銘柄が、株価は大きく下落しています。

一つの大きな要因は、新型コロナウイルスのワクチンが開発されたことだと言われていますが、米大統領選挙が終わって、4年前のような株高が期待されているのでしょう。

確かに4年前は株式の大きな上昇がみられましたが、米大統領選挙が直接の要因ではなく、きっかけに過ぎませんでした。大統領選挙が終わり、利上げが確実視され、そのために債券から株式への資金シフトが起きました。株式市場に大量に資金が流入し、大きな上昇となりました。

今回は、債券から株式へのシフトも幾分かありましたが、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、景気への影響が懸念されています。金利の上昇は限定され、債券から株式への資金シフトはそれほど期待できません。ある程度の金利上昇がみられたことで、業績に対して株価が高すぎる銘柄から割安銘柄に資金がシフトされているということです。

その流れとして、株価が高すぎるとされているハイテク銘柄が売られ、いわゆる景気に敏感に反応すると思われる銘柄が、景気が回復していないにもかかわらず買われています。こうした資金の流れも、誰が美人なのかという基準が変わったことで、美人コンテストで優勝する人(株価が上昇する銘柄)が決まるという例になります。