はじめに

保有は800銘柄以上、資産億越えでテンバガー(10倍株)通算53銘柄という個人投資家・愛鷹氏がどのようにテンバガーを探しているかを紹介したいと思います。


投資手法は?

基本的には一度買ったら握りっぱなし。「さらにほしい」と思えば買い増し。これを10年も続けていたら“八百株屋”を名乗れるほどの株持ち「多株主」になりました。

一番付き合いの長い株は投資家1年生当時から13年間握ってます。また、株の過半数は5年以上保有しています。

ただし業績がひどく悪化した場合や、優待廃止、無配になれば売り切ることもあります。でも、だいたい私の売ったところが大底で損しっぱなし。そこから10倍以上に上昇した銘柄も。長年株をやっていると全てが上手くいくとは限りません。

このような苦い経験から、私は売買、特に売りが「ド下手」とわかり、以後は株価の上下動に一喜一憂しながらも、応援できる理由がある限りは握り続ける投資道を歩んでいます。

そんな長期間にわたり株を握り続けていますと中には右肩上がりの銘柄も出てきます。買値から最高値時点でのテンバガー(株価10倍)達成は投資生活13年で通算53銘柄になりました。保有約800社のうち53社、つまり約7%の確率で引き当てていることに。

ここで、私の投資道を少し振り返ります。株式投資を始めた当初は株で資産をガッツリ増やして億り人だ!などと意気込んだものの、リーマンショック後の乱高下で資金をすり減らし、塩漬け株が量産され含み損が膨らむ毎日。私の株式投資のデビューは数ヶ月で大赤字となり、最初の数年間は短期売買も手掛けており、日々大きく上下動する株価に振り回され安心して持っている暇もなく、増えるどころかお金も心もすり減らすだけの散々なものでした。短期投資で利鞘を日々抜くのは兼業である私には至難の業。そこで「優待・配当を貰いながら気長に企業を応援しよう」と方針転換してからは黙々と新しい銘柄を増やす日々になりました。

投資スタンスをそのように切り替え保有し続けているうちに100、200と銘柄が増えていき、2015年には億り人となり、2019年には800銘柄を突破。含み益も9桁超となり、結果的に私に合った投資道を歩めていたようです。