はじめに

「アクティブファンドとインデックスファンドのどちらが良いのか」という議論は、今のところ「投資について専門知識を持たない普通の人はインデックスファンドで十分」ということで納得されているようです。

では、本当のところはどうなのでしょうか。まずは実際のデータから、アクティブファンドとインデックスファンドのリターンを比較してみましょう。


インデックスファンドの有利な点

「長期的に資産運用をする場合、アクティブファンドよりもインデックスファンドを選んだ方が良い」。

投資信託で資産運用している人たちに言わせれば、「何を今さら」の話だと思いますが、それではなぜインデックスファンドを選んだ方が良いのでしょうか。

第一に、アクティブファンドはインデックスファンドよりも運用コストが高いという事実があります。インデックスファンドの信託報酬率が年0.5%前後であるのに対し、アクティブファンドのそれは年1~2%程度です。

信託報酬率が片や年2%で、もう一方が年0.5%だとしたら、1年間で1.5%もの差がつきます。このコスト差分を運用能力で埋めるのは非常に困難と言われています。このコスト差がアクティブファンドのリターンを蝕み続け、結果的にインデックスファンドのリターンに劣後してしまうのです。
第二は、そもそも優秀な運用者が担当しているアクティブファンドを見つけるのが困難であること。

アクティブファンドは運用者の巧拙によって、運用成績には大きな差が生じます。したがって、インデックスファンドのリターンを上回るアクティブファンドも存在するのですが、よほど株式投資やファンドの運用に精通している人でもない限り、それを見つけるのはかなり難しいでしょう。

この点、インデックスファンドは同じベンチマークへの連動を目標とするならば、運用者が違ったとしても、それほどリターンに差がつきません。まさに平均的なリターンを享受できるのです。

もちろんインデックスファンドはベンチマークの採用銘柄を全部組み入れるのではなく、出来るだけ少ない銘柄数で、ベンチマークと同じパフォーマンスを上げられるようなモデルを組んで運用するため、モデルの出来具合によって多少の差が生じますが、アクティブファンドに比べれば僅差です。

こうした理由から、投資や資産運用に深い造詣を持たない普通の人が投資信託で資産運用をする場合は、アクティブファンドよりもインデックスファンドを選んだ方がベターだと言われているのです。