はじめに

フランスはロックダウンまっただ中ですが、じつはパリで部屋探しをしています。以前から予定していた引っ越しが、偶然にもこの時期に被ってしまったことが原因です。この状況下での賃貸情報の吟味は、普段と比べてとても不自由です。

理由の一つは、自由に外出できないこと。二つ目は、物件の見学自体が禁止されていること。そのため、間取り図や写真といった情報で決めるしかありません。今までの経験から土地勘はなんとかなるものの、建物の中まで把握しているわけではなく、どうしても物件の細かなところをチェックできません。

こんな状況ですが、期待もあります。コロナ禍でフランス国内外の人の移動が少ないため、もしかしたら優良物件に空きが出ていたり、全体的な賃貸価格が下がったりしているかもしれません。調べてみると、やはりコロナ禍でパリの不動産価格もブレーキがかかっているようです


コロナ禍でパリの不動産価格は鈍化

そもそも、パリ市内の不動産相場はどれくらいなのでしょうか。フランスの不動産サイトSeLogerが2020年3月に出した報告によると、賃貸の場合、家具付き物件で平均1,838ユーロ(約23万円)、家具無し物件で1,618ユーロ(約20万円)です。

セーヌ川左岸で、特に人気の高い7区の場合は2,336ユーロ(約29万円)まで上がります。7区は首相府や各国大使館などが集まり、東京だと港区のようなイメージでしょうか。購入する場合だと、1㎡あたり市内平均は1万1,014ユーロ(約136万円)、7区などは1万3991ユーロ(約172万円)まで上昇。そして2015年から過去5年間で、価格は31%上がりました。

しかし、不動産価格の上昇も、コロナ禍で鈍化しているようです。フランスの賃貸査定サイトMeilleurs Agentsの11月1日時点での統計では、パリの不動産価格は9月の新年度から、1㎡当たり1カ月で0.6%低下。3カ月で1.1%減少したそうです。

またパリジャン紙は、取材したパリの不動産会社のコメントを引き合いに、現在は価格の鈍化と競合相手の少なさもあって、「不動産購入の機会になっている」と述べます。

パリ市内と比べればまだそれほど影響が現れていない近郊も、今後は価格の伸びが減速していくと不動産会社は予想しています。販売物件数の増加に対して、購入者も多くないそうです。そして持ち主は売却できる機会を逃すことを恐れて、普段より交渉事が少なくなっているそうです。

建物の部屋にかかる「売り家」の看板