はじめに

「コロナ禍の影響により、中途採用は『買い手市場』に転じた」――。そのような報道を見て「転職を考えていたが、今はやめておいたほうがいいのか」と嘆く声が聞こえています。

しかし実態は、「買い手市場に転じた」という表現は適切とは言えません。1つの企業でも、ある部門・職種は採用を止めた一方、別の部門・職種では採用活動を継続、あるいは強化しているケースが多々見られます。

正しくは、「買い手市場と売り手市場が混在している」、別の言い方をすれば「企業はアクセルとブレーキを同時に踏んでいる」という状況です。


2020年度の採用計画は約7割が昨年と同等かそれ以上

1_2020年度の採用計画

「ソーシャルディスタンス」が叫ばれる中でも、採用に意欲的な企業は「Web面接」の導入により、採用活動を継続しています。緊急事態宣言下に Web 面接を実施していた企業のうち、緊急事態宣言解除後も Web 面接を継続していると答えた企業は 88.8%に上りました。

2_緊急事態宣言解除後もWeb面接(または電話面接)を継続しているか

実際にWeb面接を実施してみると、応募者にとってのメリットも大きいことがわかってきました。

例えば、面接日程が組みやすいこと。在宅勤務であれば、平日の昼間の面接も休憩時間を使えば可能になります。これにより、応募から内定までの期間が短縮できるようになりました。

また、自宅にいながら面接を受けられるため、相手企業の会議室よりもリラックスして話すことができる、といった声も聞かれます。さらに、遠隔地にある企業の面接も受けやすくなり、企業を選ぶ際の選択肢も広がっています。

「Web面接では社風がわからないのでは」という不安に対しては、社内の様子を動画で見せる、現場で一緒に働くメンバーたちとオンラインでカジュアルに話す機会を設けるなど、各社、工夫を凝らしています。