はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は深野康彦氏がお答えします。

下記2点について相談させてください。

(1)家賃について
今の家賃が高過ぎるのか、妥当なのかがわかりません。将来的にもう少し広い家に住みたいのですが、どのくらいの年収ならいくらまで出せるのか、住宅ローンを借りて家を買った方がいいのか、なにもわからない状態です。アドバイスがほしいです。

(2)投資について
長期投資を始めたいけど、開始していい状況か、また投資してもよい金額がいくらなのかがわかりません。

【現在の状況】
私:27歳、手取25万円程度
妻:25歳、扶養の範囲でパート予定
最近転職を機に上京していますが、想像以上に家賃が高くてびっくりしています。時間もなく、とりあえず賃貸アパートを選びましたが、将来やっていけるのか不安です。
【家計】
家賃11万円・食費3.5万円・貯金4万円・電熱費・通信費2万円・妻の小遣い2万円程度・私の小遣い1万円程度
保険は収入保障保険のみ、年間3万円(補償額月15万円を25年)
ボーナスの半分を貯金、残りでほしいものを買ったり、旅行費や特別な支出にあてたりしています。
【資産】
銀行預金1,300万円のみ
【将来の希望】
子供は2人ほしいです。

マイホームもほしいですが、ある程度いいところを借りれるなら賃貸でも構わないと思っています。現状、家賃11万円の2DKです。子供ができたら大きなところに引越したいですが、まだ土地勘がなく、ファミリー物件なら15万円程かかり、その場合にやっていけないのではないか、それならいっそ家を買った方がいいのではと悩んでいます。

また、仕事が第一だと思いますが、余剰金を長期投資に回して将来の足しにできたらと思っています。インデックス投資による積立と、株価が安いときに長期保有目的での株購入を想定しています。アドバイスをよろしくお願いします。
(20代後半 既婚・子供なし 男性)


深野: ご質問ありがとうございます。早速、2点の件について将来の希望も踏まえ、回答させていただきます。

貯蓄額が確保できれば家賃は自由

まず家賃からですが、年収の何割までの家賃なら妥当かという正解はありません。なぜなら、1人1人ライフスタイルが異なるため、家にかけるお金は人それぞれで構わないのです。

食べるものにこだわる人は食費がかさむ、住む家にこだわる人は住居費がかさむなどなど、かさむ項目が家計によって異なるので過度に気にされる必要はありません。

毎月、貯蓄ができるように家計全体のやりくりをすれば十分なのです。

この場合の貯蓄額は数千円ではなく、一定期間で目標額に達する金額を毎月の貯蓄額とすることです。

住宅購入は子供が産まれてから

将来の希望にはマイホームもほしいと書かれていますが、子供2人を希望されていることから、子供が産まれる前に購入するのは控えたほうがよいでしょう。

子供が産まれることにより家計の収支が大きく変わってしまうケースが度々あるからです。

転職されたばかりで家計もまだ落ち着かないかもしれませんが、マイホームの購入資金、ご希望される子供の教育費のために、積立を始め、貯蓄体質の家計になるように心がけてください。

投資よりも、優先させるのは教育費

2つ目の長期投資についてですが、最近に転職されたばかりなので、生活(家計)が落ち着くまでは、投資を始めるのは控えたほうがよいと思われます。

生活が落ち着いたら投資を始められてもよいのですが、数年後にお子様を希望されていることを考慮すれば、無理のない範囲で投資信託の積立あたりを始められるとよいでしょう。

ただし、子供の教育費の準備を優先させるべきなので、投資を始める金額は数千円から1万円程度にとどめておきましょう。

仮に勤務先に企業型の確定拠出年金制度があれば、投資はその制度を活用して、ご質問者自身は安全確実な預貯金や学資保険の積立でも構わないでしょう。

ご年齢を考えれば、希望されている2人の子供が生まれて生活が落ち着いてから投資を始めても遅くはないと思います。

転職で生活が大きく変わると思いますので、すべてを解決しようとせずに、ひとつずつステップアップするように、気になっていることをこなされてください。