はじめに

契約一覧表を作る

オンラインでの申し込みが一般化してからというもの、サブスクリプションをはじめ生活の中で、契約している数が増えています。自分に何かがあったとき、例え家族であってもそれを他の人が解約するのはかなり手間がかかる作業です。何を契約しているのかも分からなければ、解約できずに毎月お金が取られるという事態にもなりかねません。

年に一度は契約関係の一覧を作り、いざというときに任せられる人に一覧表の存在を知らせるのも大切です。

増えすぎた支払い方法を見直す

以前は現金かクレジットカードくらいだった支払い方法ですが、交通系ICカードや、Pay決済(コード決済)が登場し今や数え切れないほどの支払い方法が存在しています。

キャッシュレスは何で支払うのが得?クレジットカード、電子マネー、Pay決済の管理術でも紹介しましましたが、数パーセントのキャンペーンを追ってあちこちのPay決済(コード決済)を利用するなど支払う手段が増えてしまうと、自分がいくら使っているのか把握しづらくなってしまいます。

前述のような方法で毎日支払い記録をつけているのであれば別ですが、いくつもの支払い手段を使っている人は多くの場合、支出の管理ができなくなっています。支払い方法を絞ることが家計管理を効率化する最短の方法でしょう。

新しい年を迎える機会に財布、家計簿、支払い方法を見直して、スッキリしてみてはいかがでしょうか。

この記事は参考になりましたか?