はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、41歳、会社員の女性。病気により退職し、障害年金をもらっている相談者。障害年金は減額やなくなる可能性もあるため、子どもの進学や将来の夢であるマンション購入を叶えるために、やりくりして60歳までに6,000万円を貯めたいといいます。シミュレーション結果は? FPの鈴木さや子氏がお答えします。

60歳までに6000万円貯めたい。

41歳の専業主婦です。1年前に病気で仕事をやめ、1級障害者になり、障害年金や手当金20万8,000円ももらっており、収入に含んでいます。現在の貯蓄は、18年の共働きのお金です。

さて、私には、小学5年生の一人息子がいますが、私立中学受験を考えており、塾代、私立中学高校大学の費用に不安があります。学資保険は375万円かけています。

今は賃貸マンションに住んでおり、老後のため、60歳ぐらいに中古マンションを諸経費込み2,000万円を現金で購入したいと思っておりますが、大丈夫でしょうか?中古マンション購入が、今一つの夢になっています。

老後資金ですが、私の障害年金は下がったり、なくなる可能性あります。なくなったとして、基礎厚生年金夫婦で65歳で24万円もらえる予定です。個人年金も1,210万円かけています。

これら教育費、住宅費、老後資金を今の貯蓄と合わせて、6,000万円貯めたいです。
大丈夫でしょうか?よろしくお願いします。

【相談者プロフィール】
・女性、41歳、専業主婦
・配偶者の年齢:47
・子どもの人数:1
・子どもの年齢:10
・同居家族について:夫(47歳)会社員、子ども(10歳・小学5年生)、妻(私)病気障害により日常生活介護必要
・住居の形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:50万円
・毎月の世帯の支出の目安:35万円
・住居費:7万5,000円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万2,000円
・教育費:3万5,000円
・保険料:6万8,000円(年払分を月割して含む)
・通信費:2万5,000円
・車両費:1万8,000円(車検、次回購入のため積立含む)
・お小遣い:4万円
・その他:1万9,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:20万円
・現在の貯蓄総額:3,300万円
・現在の投資総額:120万円
・現在の負債総額:0円
・老後資金:公的年金夫婦月12万円ずつで合計24万円
・退職金あり、金額未定入社まだ3年負債なし

鈴木:ご相談者様は計画的に積立をされており、貯蓄額も年齢的に考えて決して少なくない方でしょう。とはいえ、お仕事をやめざるを得ない今、中学受験にかかるお金とその後の教育費の支払いと、将来中古マンションを購入するという夢を叶えられるかご心配のご様子です。教育費とマンション購入費、そして老後費用を合わせて6,000万円必要とご自身で試算されていますので、この目標金額を貯められるか、今後の資産の増減を数字でチェックしてみましょう。