はじめに

私立に進んでも赤字にならないよう生活レベルを保って

現在かかっている毎月3万5,000円の教育費は、すでに通っている塾の費用かも知れませんが、そうであれば今後受験までにいついくらくらいかかるのか、塾に問い合わせておくと安心です。中学受験塾にかかるお金は、一般的に小学5年生~小学6年生の2年間で100~150万円くらいと言われており、夏期講習や冬期講習、正月模試や直前講習など講習時には、一回あたり10~20万円といった多額の支払いが発生することもあります。

私立中学に進んだ場合の教育費(塾など習い事含む)は、文部科学省のデータによると年間で約140.6万円です。現在より貯蓄額は大きく減りますが、貯蓄を取り崩すことにはならず、年100万円近くは貯蓄できそうです。ただしそれは「私立に進学しても生活レベルが変わらないこと」が前提です。

学校や地域にもよりますが、私立中学に進学すると、外食費や交際費用など、教育費以外のお金も高くなる傾向にあります。また、部活によっては合宿費なども公立より高くかかるかも知れません。毎月の積立は減っても決して赤字にならないように、生活レベルが上がり過ぎないように注意しましょう。

私立に進むと、中高大合わせて約1400万円

私立中学に進学すると、そのまま私立高校に進みます。大学についてはもちろんわかりませんが、私立大学に進学したとして試算しておくと安心です。どこまで出してあげるかはご相談者様の考えによりますが、私立文系として計算すると、中学、高校、大学合わせて約1,400万円、私立理系とすると約1,500万円かかります。もしお子様が一人暮らしして仕送りをする場合や大学院に進む場合は、その分もかかります。

ご相談者様の場合、中学、高校時期も生活レベルを大きくあげなければ、貯蓄を崩すことなく資産を増やしていけるでしょう。大学時は大きなお金がかかりますので、貯蓄を使って子育て費用のピークを乗り越えます。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう