はじめに

政府は2020年度第3次補正予算案を近日中に閣議決定する見込みです。2021年度当初予算案と合わせた15ヵ月予算となるもので、主な政策は以下の通りです。

<文:ファンドマネージャー 山崎慧>


政府は第三次補正予算案を閣議決定へ

● 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金の増額による医療体制の強化。
● 全国民分の数量確保を目指したワクチン接種体制の整備。接種費用の国費負担。
● 地方創生臨時交付金の拡充。
● 営業時間短縮要請の協力金。
● Go To トラベル・イートの6月末まで延長。段階的見直し。
● 既存政策の延長雇用調整助成金特例措置の2月末まで延長。段階的に縮減。
● 資金繰り支援の延長。民間金融機関は3月末、日本政策金融公庫は2021年前半。
● 中小企業の事業転換・再編支援。
● 経営統合を行う地域金融機関への資金交付制度創設。
● 脱炭素に向けた革新技術開発を支援する基金創設。
● 脱炭素投資減税。
● 電気・燃料電池自動車の普及促進。
● 国内外でのサプライチェーンの強靭化支援。
● 国土強靭化5ヵ年対策。
● 世界に伍する規模の大学ファンド創設。
● 自治体システムの共通化、行政手続きのオンライン化。

事業規模は73.6兆円。財政支出は40兆円とされています。しかし、貸し付けである財政投融資などを除いた国費が30.6兆円で、本予算への組み入れ分を除いた今回の真水は20.1兆円程度となります。